今週は重賞帝王賞!連勝の止まったインティは?

teioushou 大井競馬

先週の京成盃グランドマイラーズはいかがでしたでしょうか。

ベンテンコゾウが見事なペース配分からの押し切りを決め、南関重賞初制覇を挙げました。
鞍上の御神本訓史騎手のエスコートはさすがだなと思わせる騎乗でしたね。

私の本命のクリスタルシルバーは思うようなレースができず、掲示板に載ることができませんでした。

いつもより少し後ろ寄りの位置取りになってしまったこと、なかなか内に入れず、直線は開催中あまり伸びなかった外を走らざるを得なかったこと、鞍上の的場文男騎手のコメントから、大井の方が良いといったコメントもあったので、様々な理由が挙げられるのでしょう。

まだまだ見限ることはできないので、条件が揃った時に再び狙ってみたいですね。

さて、今週は大井競馬場に舞台を移し、火曜日には優駿スプリントが控えていますが、今回予想するのは水曜日に行われる中央地方全国交流のG1レース、第42回帝王賞(JpnⅠ)が行われます。

当初予定されていたルヴァンスレーヴやゴールドドリームは回避してしまいましたが、素晴らしいメンバーが揃った一戦になります。

早速、予想に移らさせていただきます。

6/26大井競馬11R
第42回帝王賞(JpnⅠ)

◎インティ
○チュウワウィザード
▲オメガパフューム
△スーパーステション、モジアナフレイバー

正直、印上位3頭で決まるのではないかと思っています。
そして、いかに相手を絞るかが鍵になると思ったので、印上位3頭以外の中央馬は消しとして、今年の帝王賞を考えております。

その中で本命にしたのはインティです。
前走かしわ記念は、フェブラリーステークスで先着したゴールドドリームにマークされる形で、結果的に先着を許し、連勝がストップしてしまいました。

teioushou

ただ、今回出走してくるアポロケンタッキーやオールブラッシュといった面々には着差をつけた状態でゴール板を過ぎており、また、初めての地方の馬場ということもあって、悲観するようなレースではなかったように思えます。

今回は初のナイター競馬なので、気性の悪いこの馬にとって心配材料はありますが、ゴールドドリームがいないというだけでも、この馬にとってのアドバンテージにはなるのではないかと思っております。

確実に先行できることもあり、また、絶対逃げる必要があるというわけでもないので、スーパーステションが逃げたとしても問題ないかなと思います。

対抗はチュウワウィザードです。
ここ最近の走りは高いレベルで安定しており、前走も大接戦ではありましたが、勝ちきったのはこの馬の地力かなと思わせるものでした。

先行、差し、両方できるということで、展開に左右されないのは魅力的ですし、インティが先行するのをマークする競馬になると思いますが、そこからの図ったような差し脚に期待します。

3番手はオメガパフュームです。
昨年の東京大賞典を勝利しており、また、ジャパンダートダービーでは2着ということで、コース相性はバッチリだと思います。

前走もそう負けてはないのですが、先着した2頭と比べると、少し末脚が足りない印象も受けました。

また、今回は宝塚記念でリスグラシューを勝利に導いたダミアン・レーン騎手が鞍上ですが、エキストラ騎乗があるとはいえ、大井競馬の経験値としては少し足りないかなと思うので、その点でも割引で3番手という考えです。

押さえはどちらも地方馬で、スーパーステションは昨年の東京大賞典でも強い競馬を見せましたし、あのレースはアポロケンタッキーがむちゃくちゃに突っついてこなければ、馬券圏内もあったかというようなレースでした。

年が明けてもその勢いは衰えてなさそうなので、押さえとしては必須かなと思っております。

モジアナフレイバーも前走大井記念ではセンチュリオン以下を完封しており、叩き2戦目でさらなる上昇が期待できます。

今年の上半期のダート界No.1決定戦となるこの一戦、結末が楽しみですね。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました