夏本番!大井競馬のサンタアニタトロフィーで暑くなりたい!

santania-trophy 大井競馬

先週のプラチナカップはいかがでしたでしょうか。

連闘だったノブワイルドが逃げの手に出ると、他馬に影も踏ませずにスイスイと逃げていき、一番人気だった2着のキタサンミカヅキに2馬身半差をつけて、勝利を飾りました。

橋本直哉騎手はデビュー21年目で悲願の初重賞制覇となり、陣営の涙も印象的でした。

私の予想は、そのノブワイルドを切っていたために外れてしまいましたが、穴推奨したヒラボクプリンスが3着に来てくれました。ただ、勝ち馬を推奨していないので、なんとも言えませんけどね。

さて、今週の南関競馬、は日曜から大井競馬開催が始まっており、サンタアニタウィークと題されて行われております。その水曜日には、重賞の第40回サンタアニタトロフィー(SⅢ)が行われます。
サンタアニタトロフィーは1600mの距離で行われるハンデ重賞で、毎年メンバーが揃う一戦となるのですが、今年もなかなかのメンバーが揃い、ハイレベルな一戦が見込まれます。

早速予想に移らさせていただきます。

7/31大井競馬11R
第40回サンタアニタトロフィー(SⅢ)

santania-trophy

◎アルタイル
○ロイヤルパンプ
▲ノンコノユメ
△クリスタルシルバー、バルダッサーレ、トロヴァオ、ハッピースプリント

本命はアルタイルにしました。
間隔は空くものの、6月に行われたムーンストーン賞がこのレースの実質の前哨戦になるのですが、当時、森泰斗騎手から急遽乗り替わりになった西啓太騎手が上手に運んで、2着ロイヤルパンプを差し切りました。
中央時代からマイル前後の距離で活躍しており、オープン2勝、重賞でも3着が一度あるような馬ですから、南関移籍後の安定した活躍も頷けるわけなのですが、今回は主戦の森泰斗騎手が騎乗し、この馬の得意なマイルの距離での重賞となりますので、力を発揮できるかと思います。

対抗はロイヤルパンプです。
時々ころっと負けることもありますが、先行したらしぶといタイプの馬で、この馬も中央オープン馬でした。オープンでは活躍できなかったものの、南関移籍後は安定し始めており、ここ2走は逃げの競馬をしました。
強いときは強いのですが、アルタイルよりは力が劣るのではと思い、ただ、最内枠でいい競馬ができそうなので、この評価にしました。

3番手はノンコノユメです。
前走は南関移籍初戦で、それが帝王賞となりました。まだ馬体ができていないと思いましたが、展開が向いたこともあり、3着と好走しました。
マイルという距離はこの馬には悪くないとは思いますが、今回はトップハンデの58.5キロに加え、大井のマイルは内回りなので、差し追い込みが信条のこの馬にとっては少し厳しいと思い、強さは認めますが、この評価にしました。

クリスタルシルバーは右回りに戻るのは好材料で、この時期になり、鞍上の的場文男騎手の季節が到来したかのような活躍がようやく見られ始めましたが、勝ちきれないキャラが定着しており、前走の大敗も、敗因はいくつかあるとはいえ、負けすぎではあるので、少し評価を下げて考えます。

バルダッサーレもここ最近は勝ちきれない、来ても3着くらいというのが現状で、物足りない競馬が続いており、押さえが妥当かと思います。
トロヴァオは得意距離で、ハッピースプリントは再度の大駆け期待ということで、この印にしました。

梅雨がそろそろ明けそうで、猛暑の季節到来というところですが、熱中症には気をつけながら競馬を楽しみたいですね。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました