埼玉新聞栄冠賞はディアレルレイの圧勝。マイルグランプリは?

milesthegrandprix 大井競馬

先週の埼玉新聞栄冠賞はいかがでしたでしょうか。

ディアデルレイが逃げの手に打って、その逃げ脚は衰えることなく、上がり3ハロン36.5でまとめて、2着に7馬身差をつける圧勝劇でした。
流石に逃げて強烈な上がりを使われては、後続は為す術もなかったですね。
まだまだメンバー次第では上位争いができそうです。

2着は今回も勝てなかったセンチュリオンでしたが、展開の綾もあったでしょう。
3着はキングニミッツで、比較的平穏な決着になりました。

その中で4着に後方から追い込んできた人気薄カンムルの姿がありました。
今回は離されてしまいましたが、復活の時は近いかもしれません。

さて、今週は大井競馬場に舞台を移し、16日水曜日には、第26回マイルグランプリ(SⅡ)が行われます。
大井のマイル重賞は毎回そうなのですが、大井所属馬を中心に南関4場のレベルの高いメンバーが揃う傾向にありますが、今回も予想のしごたえのあるいいメンバーが揃いました。

早速予想に移りたいと思います。

10/16大井11R
第26回マイルグランプリ(SⅡ)

◎ノンコノユメ
○ワークアンドラブ
▲ロイヤルパンプ
△グレンツェント、リッカルド

本命はノンコノユメにしました。

前走日本テレビ盃は勝ち馬から離された3着でしたが、これは相手が悪かったとしか言えません。
ただ、地方馬相手なら間違いなくトップ中のトップの実力でいますし、マイルは適距離なので、今回も崩れることはないかなと思います。

主戦の真島大輔騎手が体調不良で欠場中、前走騎乗した笹川翼騎手は、対抗に打ったワークアンドラブに騎乗で、白羽の矢が立ったのが、御神本訓史騎手です。
この騎手がよく空いてたなという印象ですが、ここは陣営の期待に応えたいところです。

対抗は前述の通り、ワークアンドラブです。

前走はマイルグランプリトライアルを快勝しての参戦です。
前走を勝ったことによりA1に昇格しましたが、門別でも重賞好走歴がありましたし、マイル以上の距離での安定感には光るものがあります。

願わくば、シニスターミニスター産駒である当馬にとって、前走のような湿ったダートが希望でしょう。
ただ月曜時点で重でしたし、希望する馬場で競馬ができると思います。

milesthegrandprix

3番手はロイヤルパンプです。

前走は崩れてしまいましたが、最近は逃げて結果を残していた馬で、結果的に番手に抑えて味がなかったという形でした。
今回も外枠なので、逃げられるかどうかは難しいですが、元値はこのメンバーでも上位なので、自分の形で競馬がしたいところです。

グレンツェントとリッカルドを押さえにします。

グレンツェントは転厩初戦なので、状態そのものがどうかということもあり、押さえより上にはあげられませんが、東海ステークスの勝ち星もありますし、G1でも惜しいレースをしていました。
マイルは少し短いかもしれませんが、まずはまともに走れるのかが見ものです。

リッカルドは前走で久々の勝ち星をあげました。
主戦の矢野貴之騎手がサブノジュニアに騎乗するため、今回は石崎駿騎手が手綱を握りますが、外枠からどんな競馬をするかがカギになるでしょう。

以上が今回の予想になります。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメント

  1. タロさん より:

    ノンコは南関へ移籍した事で可能になった尾持ち効果が大きいですね。私は移籍初戦ですがフォーハンドレットに期待です。

タイトルとURLをコピーしました