大井競馬の黒潮盃の予想をしてみました!当てるぞ~

kuroshiohai 大井競馬

先週の南関東競馬は重賞がなかったので、1週間空きましたが、皆さん調子はいかがでしょうか。

あれだけ梅雨梅雨言っていたのも、いつの日からか猛暑猛暑の連続ですね。
これだけ暑くなると、人間もそうですが、走っている競走馬にももちろん影響はありますので、やけにいれこみがキツかったり、変調をきたしている馬がいたりするときは、夏バテや熱中症の可能性もあるので、気をつけなければいけません。

さて、今週は大井競馬のみの開催です。そんな中で行われる重賞は、8/14水曜日に行われる、第53回黒潮盃(SⅡ)です。

kuroshiohai

地方全国交流の3歳馬限定重賞で、全国各地で力をつけてきた馬達が集う一戦となっております。今年のメンバーも、春の南関クラシック戦線で戦ってきた馬達がメインではありますが、そうではない馬もおり、夏場は一気に力をつけてくる馬もいるので、クラシック戦線で活躍した馬と、新興勢力のぶつかり合いという構図になっています。

早速、予想に移らさせていただきます。

8/14大井競馬11R
第53回黒潮盃(SⅡ)

◎グリードパルフェ
○ヤマショウブラック
▲ハルディネロ
△アエノエンペラー、ホワイトヘッド、ジョリスヴェニール、リンノレジェンド

本命はグリードパルフェにしました。

この馬は2走前の東京ダービー、前走のジャパンダートダービーで、今回のメンバーの中で最先着しています。船橋ではありますが、1600〜1700mでのレースで好走歴があり、今回は距離短縮となるので、条件的には好転してくると思います。
脚質も、先行、差し、どちらも可能で、展開に左右されにくいのもいい点だと思いますし、今回は今までと違って人気の一頭かもしれませんが、好走可能とみました。

対抗はヤマショウブラックです。

2歳時は門別1700m戦でJRA認定競走を勝利しており、盛岡で重賞勝ちのある馬です。
3歳になって南関に移籍してからは、勝ちきれないレースが続き、羽田盃5着、東京ダービー10着を経た2走前、不良馬場ながら見事に古馬混合戦で勝利を飾りました。
前走は5着に敗れてしまいましたが、3歳限定戦であれば、再び浮上もあると思います。

3番手はハルディネロです。

雲取賞大敗後、休養をはさみ、休養明け初戦が前走C1クラスのレースでした。
そのレースを快勝しての一戦となりますが、確かに勝ったとはいえ、レース格としては下になります。
ただこの馬の血統は晩成傾向にあり、兄には大井の金盃勝ち馬ジャルディーノや、中央のダート短距離で活躍し、現在は佐賀で現役のドリームリヴァールなどがいる血統です。ジャルディーノが金盃を勝利したときは7歳の時でした。
それを思うと、まだ早いかもしれませんが、春よりは成長していると思い、上位評価に据えてみたいと思います。

東京ダービー5着のアエノエンペラー、この距離が得意そうなホワイトヘッドも良さそうですし、前に行く組であればジョリスリヴェールも侮れないかと思います。

北海道から参戦のリンノレジェンドは、年末年始に大井に移籍していたときに大井実績を残していますが、今回は遠征しての競馬となります。ですので、押さえくらいでいいのかなと思います。

以上が今回の予想となります。
他にも気になる馬は何頭かいますが、このへんで切ってレースを見たいと思います。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました