年末の東京大賞典や年明けの重賞に向けて!中距離王者は誰だ?

katsusimaoukan 大井競馬

先週の浦和記念はいかがでしたでしょうか。

急遽スミヨン騎手から御神本訓史騎手に乗り替わったケイティブレイブが、逃げ馬をマークするように先行集団につけ、手応え良く4コーナーを回り、直線抜け出して優勝を飾りました。

ブランクを全く苦にせずに勝利したケイティブレイブ自身も素晴らしいですし、仕上げてきた陣営も立派ですし、御神本訓史騎手もテン乗りなのに素晴らしいエスコートをしたと思います。

2着のアナザートゥルースも、賞金を加算したことで今後使えるレースが増えてきそうですし、ケイティブレイブには離されましたが、最後の伸びは悪くなかったので、今後も期待できるでしょう。

3着ロードゴラッソは、とうとう地方のダートで結果を出したかなと思います。
ただ、デルマルーヴルやセンチュリオンといったところが走れてないので、今後も相手関係など、考慮する要素はあるのかなと思います。

デルマルーヴル本命の私の予想としては奮わない結果となってしまいましたが、いいレースを見せてくれたことには感謝したいですね。

さて、今週の南関競馬は大井競馬に舞台を移し、重賞競走は、12月4日水曜日には第11回勝島王冠(SⅡ)が行われます。

1800mという中距離の重賞で、年末の東京大賞典や、年明けの重賞に続いていくためのレースになりますので、なかなかのメンバーが揃いました。

また、各馬の前走を見ると、なかなかバラエティに富んだ過程を取っているので、前走比較が難しいのも、このレースを面白くさせているかと思います。

それでは、予想に移らさせていただきます。

12/4大井競馬11R
第11回勝島王冠(SⅡ)

◎モジアナフレイバー
○ノンコノユメ
▲グレンツェント
△バルダッサーレ、マイネルバサラ

本命はモジアナフレイバーにしました。
昨年の勝ち馬でもありますが、この馬自身大井1800mは4戦3勝と相性のいい舞台で、負けた羽田盃も4着と、崩れたわけではありません。
ここ2戦は馬券に絡めていないものの、中央馬との交流GⅠで、掲示板に入っているんだから、立派だと思います。
少し間隔は空きましたが、特に問題もないと思います。今回も好走してくれるでしょう。

katsusimaoukan

対抗はノンコノユメです。
前走は位置取りが後ろになってしまい、展開も恵まれずに3着でしたが、1番強い競馬をしたと思います。
まだまだ末脚は衰えておらず、位置取りさえ悪くなければ、この馬も好走が見込めるでしょう。

3番手はグレンツェントです。
前走は転厩初戦となりましたが、地方のダートもあまり苦にせずに2着に食い込みました。
この馬も能力のピークは過ぎたかもしれませんが、衰えて移籍してきた訳でもないので、南関重賞ならばまだ走れると思います。

あとは押さえとして、再び大井競馬に移籍してきたバルダッサーレと、穴として、連闘となる、地方転厩2戦目のマイネルバサラが気になるところです。

以上が今回のの予想となります。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました