これから始まる地方のダービー!今週の大井競馬はアツいです。

derby 大井競馬

先週のさきたま杯はいかがだったでしょうか。

雨で湿ったダートを、ウインムートが見事に逃げ切りましたね。
一応見解には載せましたが、やはり条件が整えばウインムートも好走していきますね。この馬の兄のドリームバレンチノがなかなか勝てなかったレースでしたが、見事に弟が勝ちましたから、こういう血のロマンがあるのも競馬の魅力の1つかもしれませんね。

私の本命のキタサンミカヅキも、なんとか3着を確保してくれたので、とりあえず役目は果たせたかなと思います。

さて、今週はいよいよ第65回東京ダービー(SⅠ)です。南関クラシック第2戦、この栄誉に向かって南関3歳勢は頑張ってきました。今年は、的場文男騎手が負傷のため、ダービーに騎乗せず、今年も的場文男騎手の悲願のダービー制覇の場面は見られることはありませんが、それぞれの馬、陣営には、それぞれのドラマがあります。今回出走する選ばれた16頭は、どんな競馬を見せてくれるのでしょうか。

それでは、予想させていただきます。
derby

6/5大井競馬11R
第65回東京ダービー(SⅠ)

◎ヒカリオーソ
○ミューチャリー
▲ウィンターフェル
△カジノフォンテン、ヤマショウブラック、アエノエンペラー、アギト

羽田盃の競馬内容から、ミューチャリーで断然かもしれませんが、船橋の矢野厩舎は羽田盃を勝利しても、ダービーでなかなか好走する馬が出てきていないのが引っかかります。確かに、羽田盃の上がり時計は抜群に抜けていて、大差で勝利しましたが、大井競馬の大差ほど信じられないものはないくらい、少しの条件の違いであっという間にひっくり返ることはザラにあります。

では他にどこから狙うかと考えた上で、鼻出血明けとはなりますが、ヒカリオーソに注目してみました。どうみても前走は途中からレースをしておらず、この馬の実力を思うと、見直しの余地はあるのではないかと思います。雲取賞ではミューチャリーを破っているというのも、今回逆転できる理由の1つで、水曜の馬場がどうなるかはわかりませんが、もし羽田盃の時より前残り馬場が顕著であれば、逆転があるとみています。

対抗のミューチャリーは先程述べたとおりです。まともであれば、今回も突き抜ける可能性は十分にあります。意外にも、御神本訓史騎手もダービー未勝利なので、今年にかける想いは強いでしょう。

ウィンターフェルも強い馬ですが、2走前に見せたソラを使うクセ、その結果の前走と思うと、森泰斗騎手がうまく乗っても勝つまでは厳しいかもしれません。ただ、堅実に馬券に絡むことができる力はあるので、3番手とします。

カジノフォンテンはヒカリオーソと理由が似ているのですが、前に行けるこの馬が最内枠を引くことができて、そのままスイスイ進むことができれば、波乱を起こす可能性は十分に考えられます。雲取賞でも、ヒカリオーソと行った行ったのような形で、人気薄で穴を開けた経験があり、穴の先行馬なら、というところです。

ヤマショウブラック、アエノエンペラーは、羽田盃で上がりを使ったけれど、道中後ろ過ぎてさすがに馬券圏内までは来れなかった組ではありますが、ある程度上がりが使えるなら、差し決着なら突っ込んで来ることはあり得ると思います。

最後にアギトです。山口裕介オーナー、並びに山口ステーブル育成馬は結構頻繁に東京ダービーの上位に食い込んできます。近年出走してきた馬たちよりは実績的には格下でしょうが、3着目ならあるかもしれません。

以上が今回の予想となります。
天気がまだはっきりしないですが、この大一番、勝った馬も、また、そうではなかった馬にも祝福されるようなレースになるといいですね。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました