川崎競馬の報知オールスターカップの予想です。ヒカリオーソが勝つ!?

houchi-all-star-cup 川崎競馬

南関東競馬ファンの皆さま、あけましておめでとうございます。

今年もこの予想を通じて、皆様と触れ合えたらと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

例によって、前回予想した東京大賞典を振り返りたいと思います。

 

最内枠からアポロテネシーが引っ張る展開になりましたが、ケイティブレイブ、ゴールドドリームも揃って先行し、離れた中団にオメガパフューム、ノンコノユメ、モジアナフレイバーが折り合う構図になりました。

 

アポロテネシーが3コーナーで手応えが悪くなり、先行した2頭が出ましたが、この2頭も直線を向いたときには手応えが怪しくなってきており、その外からオメガパフューム、モジアナフレイバー、内からノンコノユメが追ってくる形になりました。

 

そして、早めに抜け出したオメガパフュームが押し切り勝利、内を伸びたノンコノユメが2着、外から伸びたモジアナフレイバーが3着でした。

 

オメガパフュームは大井2000mはとにかく強いですね。

この馬の好走ゾーンは中央含めて限られているとは思いますが、ハマる条件なら積極的に買うべき存在ですね。

 

ノンコノユメはもちろん、勝島王冠からの上昇もあったでしょうし、調教時計は伊達ではなかったのでしょう。

強い先行馬が引っ張る流れも良かったと思います。

 

モジアナフレイバーは最後脚が一杯になったのもみると、この馬が1番能力を出せるのは1600〜1800mですね。

ただ、2020年も交流重賞での好走が見られることでしょう。

 

ゴールドドリームとケイティブレイブは展開が第一に挙げられますが、ゴールドドリームは衰え、ケイティブレイブは前走走りすぎたことが、結果的に影響したのでしょう。

 

馬場状態的にも内外フラットで、であれば展開をもう少し考えて予想すべきだったなと反省しています。

上位3頭は差し馬でしたからね。

 

いつも以上に前置きが長くなりましたが、2020年のレースに目を向けていきたいと思います。

 

南関競馬は川崎開催で2020年の幕を開けましたが、この正月開催で行われる重賞は、3日に行われる、第56回報知オールスターカップ(SⅢ)です。

南関重賞伝統の一戦であるこのレース、2100mという距離もあり、中長距離ではおなじみのメンバーが揃いました。

また、金沢から4頭参戦と言うことで、展開的にも面白いものになりそうですね。

 

それでは、予想に移りたいと思います。

 

1/3川崎競馬11R

第56回報知オールスターカップ(SⅢ)

houchi-all-star-cup

◎ヒカリオーソ

○センチュリオン

▲タービランス

△ストライクイーグル、サウンドトゥルー

 

本命は、昨年の東京ダービー馬のヒカリオーソにしました。

 

前走9月の戸塚記念は2番手からレースを進めて、2周目3コーナー手前で、グリードパルフェを筆頭に後続が追い上げたタイミングで先頭に立ち、抜かされそうな気配もなく、押し切りました。

 

この馬の良さはやはり先行力からの粘りで、昨年ものこのレースも比較的先行勢での決着でしたので、レース傾向にもあっていると思います。

そもそも、川崎競馬場でのレース、ましてや長距離戦ということもあり、差し、追い込み馬には厳しいのですが、絶対的逃げ馬もいないですし、展開も落ち着きそうです。

 

能力とレース展開を考えても、この馬の本命は揺るがないと思います。

 

対抗は、センチュリオンです。

 

なかなか勝ちきれないこの馬、前走浦和記念は5着に沈んでしまいましたが、その前のJBCクラシックで自身が走破したタイムとさほど変わりはなく、この馬なりには走れています。

裏を返せば、現状、速いタイムに対応することが難しくなってきているとも言えるでしょうか。

 

ただ、今回は速いタイムは必要としない川崎2100mの舞台です。

この100mは大変大きく、8歳となったセンチュリオンでも対応できると思います。

 

川崎競馬でのレースは(0,1,0,1)で、4着以下もあるのですが、そのレースは明らかにこの馬にとって短かったマイルのレースでした。

今回の距離ならば川崎競馬でも問題ないでしょうし、勝つまでとなると、この馬のタイプ的に厳しいかもしれませんが、ある程度の位置取りを取れますし、十分いい競馬ができると思います。

 

3番手は、タービランスです。

 

道営競馬開催期間は門別、冬の期間は南関で、という所属形態でこれまで戦っており、前走は11月、道営で休み明けを叩きました。

今回はそのレースから2ヶ月ほど空き、例によって、浦和の水野貴史厩舎所属で今回のレースに挑みますが、昨年も2着ですし、相変わらず安定感はある馬で、やはりこの馬も先行集団につけて競馬ができる脚があります。

 

この馬も年齢からか、勝ち切れなくなってはきていますが、一気の衰えは見えてないので、昨年のようなできるかと思ってこの評価にしました。

 

押さえは、ストライクイーグルと、サウンドトゥルーです。

 

ストライクイーグルは中央時代、1800〜2100mの距離で好走する傾向があり、南関に移籍してきて、大井2400mのレースで2着、1着でした。前走はJBCクラシックで5着と敗れましたが、それでも5着でしたので、地方馬限定で、距離を考えれば、南関移籍後、先行しての競馬ができるこの馬にとって、このレースはいい条件ではないのでしょうか。

 

サウンドトゥルーは冬馬なので、この時期のレースだと、再び好走できるのではないかと思います。

 

以上が今回の予想になります。

ここをしっかり当てて、いいススタートを切りたいものですね。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました