逆転がある!?アピアを倒す馬。習志野きらっとスプリントの展望!

narashinokirattosprin 船橋競馬

三連休最後の日
如何お過ごしでしょうか?

先週のジャパンダートダービーについてですが

クリソベリルが圧巻の強さで、見事に世代ナンバーワンダート馬の称号を手にしましたね。

火曜日の馬場が差しの届く馬場に対し、ジャパンダートダービーが行われるときの馬場は先行馬が多少有利な、フラットに近い馬場になっていた中で、ヒカリオーソが逃げ、サクセッサーが2番手で南関勢が引っ張り、デルマルーヴルが3番手、クリソベリルは5、6番手を追走、そのまま4コーナーヘ向かいました。

直線はクリソベリルの手応えが抜群で、あっさり抜け出し、2着はデルマルーヴル、3着争いは先行して粘っていたウィンターフェルを、後方から馬群を縫って追ってきたミューチャリーがゴール前差して3着になりました。

今回出て来た馬たちが今後どのようなレースを使ってくるのか、今からでも気になるところですね。

さて、今週の南関競馬は日曜日から船橋競馬場で開催しており、水曜日には地方全国交流重賞の、第9回習志野きらっとスプリント(SⅡ)が開催されます。
地方全国で行われたスーパースプリントシリーズ最終戦であり、兵庫から2頭、高知から1頭参戦してきました。
1000mという距離で行われるため、何よりもスピード勝負であります。先行争いも激化しますが、その中でどの馬がスプリント王の称号を手に入れるのでしょうか。

早速予想に移らさせていただきます。

7/17船橋競馬11R
第9回習志野きらっとスプリント(SⅡ)

◎デイジーカーニバル
narashinokirattosprin
○アピア
▲ラディヴィナ
△ロマンコスモ、クルセイズスピリツ、タガノカピート、ヨンカー

本命はデイジーカーニバルにしました。
昨年もクラシック戦線での活躍が期待されていた馬ですが、東京湾カップで4着に敗退後は歯車が狂ったかのように、不振に陥りました。ただ、今年に入り、短距離戦線に目を向けてから3連勝し、今回の舞台に駒を進めてきました。
まだ格下感はあるものの、先行力もあり、内枠を引いたことで、競馬がしやすいのではないかと思われます。1000m戦は初めてですが、ダート短距離に強いヘニーヒューズ産駒ですし、この馬の能力の元値を考えれば、攻略可能と考えます。

対抗はアピアです。
昨年の覇者で、1000m戦では無類の強さを発揮しています。
今回は休み明け初戦ですが、敢えてこのレース一本に絞って調整が進められてきたということであります。
休み明け自体は問題ない馬なので、あっさりということもあるでしょうが、本命馬が上がり馬で4キロ差があるということを考慮して、今回は対抗にしました。

3番手はラディヴィナです。
川崎の900m戦のオープン競走を制しており、川崎900m戦はとにかく強い馬です。
昨年の同レースは3番人気を裏切って7着でしたが、今回は主戦の森泰斗騎手に乗り替わるということで、前進を期待したいです。

以下は船橋の短距離戦で安定しているロマンコスモ、昨年2着馬で、距離短縮でさらに期待できそうなクルセイズスピリツ、最内枠を引いた、3連勝中と勢いのある兵庫のタガノカピート、中央時代から1000m戦で活躍していたヨンカーをあげたいと思います。

予報だと今週も天気が悪く、水曜日も馬場とにらめっこになるかもしれません。
先行有利のレースですが、当日の馬場状態には気を配りたいところです。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました