前走GI組が鍵?上位人気から紐荒れ警戒の日経新春杯

nikkeishinshunhai 中央競馬

今回は日経新春杯(GⅡ)の推奨馬をお伝えします。

その前に前回のシンザン記念(GⅢ)の回顧を。
シンザン記念(GⅢ)は1着サンクテュエール、2着プリンスリターン、3着コルテジアで決まりました。

勝ったサンクテュエールはこのメンツの中では力が1枚上でしたね。
それにクビ差まで迫ったプリンスリターンも先行できればあのぐらい粘れるという事ですね。
ただ距離に関してはどちらもマイルまでかなとおもいますが。

3着のコルテジアも先行してねばりましたね。ただ1,2着馬とは力の差がありそうですね。
オーマイダーリンは出遅れと3,4コーナーでの不利が痛かったですね。あれが無ければ3着はあったかも。

ルーツドールは経験不足がもろに出てしまった感じですね。
ただ力はあると思うのでここで見限るのは早計だと思います。
ヴァルナとヒシタイザンは距離以前に力が足りなかったですね。

では日経新春杯(GⅡ)の推奨馬をお伝えします。

1番手はアフリカンゴールドです。前走のアルゼンチン共和国杯(GⅡ)は3着でしたし、このくらいの距離も合っていると思います。
ハンデも55キロと前走と同じなので福永騎手がちゃんと乗れば勝ち負けでしょう。

nikkeishinshunhai

2番手はモズベッロです。
前走のグレイトフルステークスは4着でしたが、いい末脚で伸びてきていました。
京都は3戦2勝2着1回と相性もいいし、52キロのハンデもいいと思います。

3番手はレッドレオンです。
前走の比叡ステークスを勝っています。
5歳馬ですがまだ7戦しかしていないのでこれからもっと良くなってくると思います。

4番手はメロディーレーンです。
菊花賞(GⅠ)5着馬が49キロで出走できるのは凄いですね。
このハンデだと買わないわけにはいかないでしょう。

最後はサトノガーネットです。
前走の中日新聞杯(GⅢ)を勝っています。
ハンデが55キロですし2400も1回しか走った事がないですが、中日新聞杯(GⅢ)でラストドラフトを差し切った脚は本物だと思います。ハンデさえ克服できれば。

今回の日経新春杯(GⅡ)でレッドジェニアルを外したのは休み明けを嫌ったのと、古馬と初対戦でどうなのかなと思ったので切りました。

お母さんのレッドアゲートの成績を見ていたら10年前の日経新春杯(GⅡ)で3着に来てますね。でも買わないです。

話は変わりますがドバイにアーモンドアイとカレンブーケドールとラッキーライラックが行くようにです、サートゥルナーリアも行くらしいですね。
せっかく大阪杯をGⅠにしたのに意味がないような気がするのは自分だけでしょうか?強い馬が出てこそのGⅠだと思うんですけど。
ではまた。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました