グローリーヴェイズ悲願のGI制覇へ!まずは京都大賞典。

kyoutodaishouten 中央競馬

今回は京都大賞典(GⅡ)の推奨馬をお伝えします。

その前に前回のスプリンターズステークス(GⅠ)の回顧を。
スプリンターズステークス(GⅠ)は1着タワーオブロンドン、2着モズスーパーフレア、3着ダノンスマッシュで決まりました。

タワーオブロンドンは前走のセントウルステークス(GⅡ)をレコード勝ちしてはいましたが、タイトなローテーションが少し心配でしたが、終わってみれば杞憂にすぎませんでした。

モズスーパーフレアは良く頑張ったと褒めたいところですが、あの逃げ方では何かに差されて2着、3着が今後も続くと思います。
もっと離して逃げないとGⅠは勝てないと思います。

ダノンスマッシュは中山の急坂がどうかと思いましたが大丈夫なようです。
今回は騎手がダノンスマッシュの力を信じきれなかったのが敗因でしょう。

押してでも前に行くべきだったと思います。
4着になったミスターメロディも右回りを克服しつつありますね。

では京都大賞典(GⅡ)の推奨馬をお伝えします。

1番手はグローリーヴェイズです。
5ヶ月半の休み明けですが、前走の天皇賞・春(GⅠ)は2着、前々走の日経新春杯(GⅡ)では同じコースで勝っています。ここで勝てばジャパンカップが楽しみになります。

kyoutodaishouten

2番手はエタリオウです。
3ヵ月半の休み明けです。
この馬は完璧なステイヤーだと思うので前回の宝塚記念(GⅠ)は距離不足が原因ではないかと、あと走って見ないと分からない気分屋な部分もあるんじゃないかと思います。

3番手はノーブルマーズです。
前走の小倉記念(GⅢ)は3着でした。
有力馬が休み明けの馬が多いので使っている強みを発揮してほしいところです。

4番手はダンビュライトです。
6ヵ月の休み明けですが、このメンツなら上位争いできると思います。

最後はシルヴァンシャーを。6ヵ月半の休み明けですが、前走まで3連勝中です。
あとお母さんがアメリカでGⅠを勝ちまくったアゼリです。
ひょっとするとひょっとするかもしれません。

今回の京都大賞典(GⅡ)はGⅠ馬が1頭も出走していないので、相当あれるのではないかと思います。
エアウィンザーなんかは毎日王冠にいった方がいいような気がしますが、毎日王冠はGⅠ馬が5頭も出るのでこっちにしたんでしょうか。

スプリンターズステークス(GⅠ)は4歳勢が1着から4着までに入って5着に7歳牝馬のレッツゴードンキ、6着に6歳牝馬のダイメイプリンセスと3歳勢は惨敗でした。
スプリント路線はいつの間にか層が薄くなってしまいましたね。新星の誕生に期待したいです。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました