難解?エプソムカップの推奨馬。穴候補も!

epusom 中央競馬

こんばんわ!
今回はエプソムカップ(GⅢ)の推奨馬をお伝えしていきます。

その前に前回の安田記念の回顧をして見たいと思います。
前評判ではアーモンドアイ対ダノンプレミアムの同世代対決などと言われた安田記念もふたをあけてみれば、内枠を最大限に生かしたインディチャンプが勝ち逃げたアエロリットが2着に粘り出遅れたアーモンドアイがギリギリ3着になるという結果でした。

ダノンプレミアムは調整ミスなのかパドックでもうるさく輪乗りの時も汗がしたたり落ちていました、が調教師はスタートがすべてと騎手に責任転嫁するようなことを言っていました。

競馬に絶対はないとは言いますが、あの出遅れで3着まで持ってきたアーモンドアイはあらためて強いと感じましたし、今の府中は内枠&先行有利があらためて実証されたようなレースでした。

それではエプソムカップ(GⅢ)の推奨馬をお伝えしていきます。

まず1番手はミッキースワローです。

epusom

前走の新潟大賞典(GⅢ)は2着。勝ったメールドグラースは先週の鳴尾記念(GⅢ)を勝っています。前走57,5から56に斤量が減るのもいいと思います。あとは出遅れなければいいんですけれども。

2番手はダノンキングダムです。前走の府中ステークスを先行して勝っています。この馬の全5勝は左回りで上げている左回り専用機と言ってもいいほどの馬です。勝ちに来ていると思います。

3番手はソーグリッタリングです。前走の都大路ステークスを勝っています。リステッドレースを2連勝中と勢いがあります。勝ち負けが期待できます。

4番手はプロディガルサンです。前走の谷川岳ステークスは2着でした。この馬を強調するポイントは二つあります。一つは兄と妹がGⅠ馬だという事、もう一つはレーン騎手への乗り替わりです。

正直、津村騎手なら買わなくてもいいかなと思っていましたから。
最後はアップクォークです。前走の六甲ステークスは11着でした。この馬も全5勝を左回りで上げています。まあ鞍上がアレなので穴でどうかなと。

以上がエプソムカップの推奨馬ですが、今度の土日の府中は雨予報なので当日の馬場コンディションと枠順は重要な要素になります。上にあげた馬でも外枠に入ってしまったらダメだと思いますし、内枠に入ればかなりいいと思います。
あと、ソウルスターリングとレイエンダはいらないと思っています。

ソウルスターリングはヴィクトリアマイルで見た時もパドックでは一番良く見えましたが走る気がないようです。レイエンダはそもそも重賞で勝ち負けできるような馬ではないのではないでしょうか。
それではまた。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました