タワーオブロンドンに黄信号?注目のセントウルステークス。

centaurstakes 中央競馬

今回はセントウルステークス(GⅡ)の推奨馬についてお伝えします。

その前に前回の新潟記念(GⅢ)の回顧を。

新潟記念(GⅢ)は1着ユーキャンスマイル、2着ジナンボー、3着カデナでした。

1着のユーキャンスマイルは距離が少し短いのとここでは力不足かなと思って切りました。

2着ジナンボーは戦績を見るとクラスが上がるたびに1回負けているので今回もクラスが上がるのでどうかと思いましたがきましたね。

3着のカデナは3歳の春の頃の調子に戻ったようなのでGⅢ戦なら勝ち負け出来るのではないでしょうか。その上のクラスはちょっと難しいと思います。

レイエンダは前走で軌道に乗ったと思ったのですが、馬体うんぬんよりも気持ちの問題が大きいようです。軸にするのは難しいですね。

アクートとカヴァルは力不足ですね。
以上、新潟記念(GⅢ)の回顧でした。

それではセントウルステークス(GⅡ)の推奨馬をお伝えします。

1番手はタワーオブロンドンです。
前走、前々走と1200の距離とペースに慣らして満を持してスプリンターズステークスに向かうと思ったらなぜかセントウルステークスに登録していました。
登録している以上力上位は明らかなので1番手に指名します。

2番手はミスターメロディです。
5ヶ月半の休み明けですが、休み前の高松宮記念(GⅠ)を勝っています。
こちらはここを叩いてスプリンターズステークスという王道路線でいくのでしょう。

3番手はダイメイプリンセスです。
前走の北九州記念(GⅢ)を勝っています。
阪神競馬場の坂さえこなせれば差はそんなにないと思っています。

centaurstakes

4番手はイベリスです。
4ヵ月の休み明けで前走のNHKマイルカップ(GⅠ)も16着と大敗していますが、逃げられればしぶといと思います。

最後はアンヴァルです。
前走の北九州記念(GⅢ)は3着でした。
この馬はたぶん坂のあるコースは苦手じゃないかと思いますが、ほかにめぼしい馬もいないので調子がよさそうなこの馬でなんとかならないかと。

セントウルステークスにタワーオブロンドンが登録しているのはちょっと驚きました。
中1週でこのレースを使ってそれから中2週でスプリンターズステークスへ行くんでしょうか。

藤澤厩舎は早々とグランアレグリアのローテーションをスプリンターズステークスからマイルチャンピオンシップと決めてしまったので、タワーオブロンドンが割を食ったんでしょうかね。
両方とも主戦がルメール騎手だからかな、でも馬主が違うんだよなあ。

タワーオブロンドンの今後がちょっと心配です。

ではまた。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました