今週はアルゼンチン共和国杯。未来のジャパンカップ、有馬記念好走馬現るか?

aruzenchinkyouwakokuhai 中央競馬

今回はアルゼンチン共和国杯(GⅡ)の推奨馬をお伝えします。

その前に前回の天皇賞・秋(GⅠ)の回顧を。

天皇賞・秋(GⅠ)は1着アーモンドアイ、2着ダノンプレミアム、3着アエロリットで決まりました。

1着になったアーモンドアイは強かったですね。改めてそう思いました。
次走はジャパンカップか香港になりそうですが、どちらにしても勝ち負けでしょう。

2着のダノンプレミアムはちょっと距離が長いかとおもったのですが、そんなことはなかったですね。
今後も2000メートルまでならGⅠでも活躍できると思います。

3着のアエロリットはすんなり行ければ2000メートルでも粘りますね。
ただクラブの馬なので来年の春で引退でしょうからレース選択が難しいと思います。

4着のユーキャンスマイルはこれからの馬だと思います。来年以降が楽しみです。

5着のワグネリアンは外枠がアダになりましたね。実力通り走っていると思います。

サートゥルナーリアはあのペースでかかっていては6着でもしょうがないですね。
ただ実力はあると思うのでいかに折り合いをつけるか、だけだと思います。

スワ―ヴリチャードは7着でしたね。
ちょっとGⅠでは足りない馬になってしまった感じはあります。

それではアルゼンチン共和国杯(GⅡ)の推奨馬をお伝えします。

1番手はルックトゥワイスです。
5ヵ月半の休み明けですが、前走の目黒記念(GⅡ)を勝っていますし東京競馬場との相性もいいと思うので1番手にしました。

aruzenchinkyouwakokuhai

2番手はタイセイトレイルです。
前走の丹頂ステークスは3着でした。
この馬を2番手に押した理由は騎手の乗り替わりです。
中谷騎手から戸崎騎手への乗り替わりで馬が変わってくれると思います。

3番手はハッピーグリンです。
前走からJRAの所属に変わって騎手も地方の服部騎手から池添騎手に乗り替わります。
2500メートルも3走前に札幌日経オープンで2着に来ているので大丈夫だと思います。

4番手はノーブルマーズです。
前走の京都大賞典(GⅡ)は4着でした。
実力はあると思いますが騎手がなんとも頼りないので4番手評価です。

最後はアフリカンゴールドです。
前走も勝っていますが、何と言ってもルメール騎手が乗るのでおさえておかないと怖いです。

このレースにもオジュウチョウサンが出走しますが、前走のレース振りを見てもとても平地の競争で勝ち負けできるとは思えません。

素直に障害戦へ戻った方がいいと思うのですが馬主さんはなにを考えているのでしょうか?
オジュウチョウサンが可哀想でなりません。
6億も稼いでいるのにこの仕打ちはあんまりだと思います。
ではまた。

 

友達追加してネラブラブ!

大川啓次郎

ポチッとお願いします馬
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました